10Bet日本語ガイド

【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

愛2000ギニー2018 気になる出走馬の詳細は?

 

世界中のクラシックの基礎となったイギリスの2000ギニーが開催されて早1ヵ月。今度はイギリスの隣国であるアイルランドでもクラシックシーズンが開幕。牡馬の第1冠目として愛2000ギニーが開催される時期が迫ってきました。

 

今年の愛2000ギニーは5月26日(土)の16時10分(日本時間:27日(日)24時10分)にアイルランドのカラ競馬場の芝1600mコースで開催されます。

 

レース名からもわかる通り、愛2000ギニーもベースとなったのは英2000ギニー。クラシック勝ち馬によって将来の種牡馬や繁殖牝馬の選定を行うためのレースとして行われました。その歴史は1921年から行われ、条件はほとんど変わらずに行われています。

 

競馬発祥の地であるイギリスを模範にしたところからもわかる通り、アイルランドも生産に重きを置く国。そのため愛2000ギニーに出走できるのは牡馬と牝馬のみ。かつてはセン馬の出走も許されていましたが、現在では出走不可に。格式高いヨーロッパ競馬の象徴とも言えるでしょう。

 

そんな愛2000ギニーの特徴と言えばとにかくマイル志向の強い馬が多く出走する点。英2000ギニーは勝ち馬でも英ダービーを目指すケースはありますが、愛2000ギニーの勝ち馬が愛ダービーを目指す例は極めてまれです。

 

一方、マイラーの参戦は非常に多く、先に行われた英2000ギニー勝ち馬が2つの国にまたがっての制覇を狙ってくるケースはよくある話です。これを達成した馬は2002年のロックオブジブラルタル、2007年のコックニーレベル、2008年のヘンリーザナヴィゲーターなど歴史に残るマイラーが多く名を連ねています。

 

後の名マイラーが誕生するクラシックの第1弾レースだけにどんな馬が出走するか気になりますよね? それではブックメーカーで発表されているオッズとともに注目度の高い出走馬を詳しく見ていきましょう。

 

ブックメーカー10bet

 

ブックメーカーウィリアムヒル

 

英2000ギニーをディープインパクト産駒、サクソンウォリアーが制したことは日本中でも話題になりましたが、そのサクソンウォリアーは英ダービーへコマを進めることが決定したため、今年の愛2000ギニーは少々寂しいメンバー構成に。その中で1番人気に推されているのは英2000ギニーで4着だったエラーカム

 

ガリレオ産駒の最高傑作として称された“怪物”フランケル産駒で母は史上初となるヨーロッパ3歳牝馬マイル3冠を達成したアトラクション。そんな良血馬としてデビューしたエラーカムはデビューからいきなり2連勝で重賞を制覇。これでシーズンを終えたエラーカムは3歳緒戦にいきなり英2000ギニーを選んできました。

 

スタートから好位に付けて抜け出すレースを試みようとしましたが、休養前のような勢いが出なかったのはやはり休み明けの影響が大きかったと考えるのが普通。1度叩いてから臨む今回は体調面での上向きが期待できるだけでなく、英2000ギニーよりもかなり格が落ちるメンバーなので勝機は十分。言葉は悪いですが“空き巣”になっているレースだからこそ確実に勝っておきたいという陣営の思いも透けて見えます。

 

そんなエラーカムに続く人気に支持されているのが、ユーエスネイビーフラッグ。こちらは仏2000ギニー5着からの逆転を狙います。

 

ユーエスネイビーフラッグといえば、2歳時だけで11戦を積むというタフネス。最近のクラシックを狙う馬はエラーカムではないですが、秋口に重賞を制したら休養に入るのが自然ですが、この馬は5月にデビューするとはそこから11戦。初勝利に時間がかかり5戦もしたという事情がありますが、それにしても7月に2回、8月も2回、9月〜11月が各1走というのはやはりかなりのハイペースでの出走。2歳時のみで使いつぶす気だったのかも?と思わざるを得ない戦績でした。

 

しかしユーエスネイビーフラッグは叩いて叩いて伸びるタイプの馬。初勝利を挙げてわずか2週間後にはジュライCに出走して2着。さすがにその後に挑んだ初G1のフェニックスSは4着に終わりましたが、その次のラウンドタワーSは快勝して重賞初制覇。これで勢いに乗ったのか、続くミドルパークS、デューハーストSを連勝してG1レースを2つ制しました。ミドルパークSは6番人気での一発だけに伏兵感がありましたが、デューハーストSは2番人気での勝利。名実ともに実力を付けたということでこの年の最優秀2歳牡馬に選出されました。

 

その後に臨んだアメリカのBCジュヴェナイルは初のダートが災いしたのか10着惨敗。勝ち馬グッドマジックからなんと30馬身も離されるというものでダートへの挑戦は完全なる失敗に終わりました。その後、年明け緒戦に2000ギニートライアルで復帰して4着、そして仏2000ギニーで5着と尻つぼみですが、叩いてよくなるタイプの馬ということを考えればそろそろ走りごろ。一発があっても不思議はありません。

 

これに続くのが英2000ギニー6着のグスタフクリムト、ジンバ、シンボルザーションらですが、混戦模様には変わりがありません。やはり空き巣となったレースだけに無難に良血馬エラーカムがG1制覇を果たすのでは?というのが大方の見解と言えるでしょう。

 

愛2000ギニーは5月26日(土)の16時10分(日本時間:27日(日)24時10分)発走予定。未来の名マイラーが決まる一戦だけにぜひ馬券を買ってみたいですね!


【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

関連ページ

有馬記念2017
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
ペガサスワールドカップ2018
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
1000ギニー2018
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
2000ギニー2018
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
プリークネスS2018
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。