【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

ロシアW杯グループステージ・グループG第2節「ベルギーvsチュニジア」

 

ロシアW杯グループステージのグループG第2節「ベルギーvsチュニジア」が6月23日にスパルタクスタジアムにて行われます。

 

初戦パナマに3−0と圧勝し前評判通りの結果を残したベルギーが初戦でイングランドに1−2で敗れたチュニジアと対戦します。

 

両チームをFIFAランキングで比べると、ベルギーは3位そしてチュニジアは21位とランキングの上ではベルギーが格上であります。

 

ただ両チームの対戦成績を見ると、1勝1敗1引き分けと全くの五分。

 

W杯の舞台だけにチュニジアが波乱の使者となれるのか?注目したい一戦となります。

 

では「ベルギーvsチュニジア」の勝敗オッズをブックメーカーから見ていきましょう。

 

ブックメーカー1xbet

ベルギー勝利 1.296倍、引き分け 6.00倍、チュニジア勝利 13.50倍

 

ブックメーカー10bet

ベルギー勝利 1.25倍、引き分け 5.65倍、チュニジア勝利 13.25倍

 

ブックメーカーピナクルスポーツ

ベルギー勝利 1.308倍、引き分け 5.680倍、チュニジア勝利 12.510倍

 

現在のオッズを見ると、ベルギーがチュニジアを人気の上では圧倒しています。

 

ただベルギーの過剰人気に加えてチュニジアの評価があまりに低いことに驚いています。

 

確かに初戦で3−0で大勝したベルギーは前評判通り強いと思いますけど、対戦相手のパナマはW杯初出場国のFIFAランキング55位。

 

パナマはベルギーにとって格下も格下の相手ですし、我々日本人はW杯初出場の国がいきなり活躍する事の難しさを日本代表がフランスW杯で初出場し3戦全敗を喫したことで身を持って知っていると思います。

 

一方チュニジアの初戦の相手イングランドは、FIFAランキング12位でサッカーの母国。

 

世界一ボディコンタクトが激しいリーグと言われているプレミアリーグで活躍する選手をベースに作られたチームです。

 

そのチームを相手に試合終了間際まで互角の展開の持ち込んでいましたから、ベルギーがパナマ戦のように楽な試合展開にならないことは明白です。

 

ベルギーのオッズが低すぎるので、もしかするともしかするかも知れませんからチュニジア勝利に賭けてみるのも面白いと思います。


【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!


>>詳しくはこちら<<